Malacca

マラッカ海峡で有名なマラッカへ行ってきました

  • POST
旧正月にマラッカに行ってきました。旧正月のマレーシア・シンガポールはみんなお休みで、レストランも閉まっており、お目当てのお店に行けず結構残念でした。もう少し、普通の日に行くべきでしたね。。。 マラッカで気づいたのは、 インド系の人が多く休暇に来ていた。マレーシアはインド系の人が多い? 旧正月で中国系の人もやっぱり多かった。東南アジアの大多数は中国人であり、中国語で話しかけられることが多かったです ということでした。 マラッカの川の様子 マラッカは交通の要衝として知られる街です: マラッカ海峡(マラッカかいきょう、英語: Strait of Malacca、マレー語: Selat Melaka)は、マレー半島とスマトラ島(インドネシア)を隔てる海峡。南東端で接続しているシンガポール海峡とあわせて太平洋とインド洋を結ぶ海上交通上の要衝となっている[1]。2005年における年間の通過船舶数は9万隻を超え、タンカー、コンテナ船など経済的に重要な物資を運ぶ大型貨物船が海峡を行き交う[2]。経済的・戦略的にみて、世界のシーレーンの中でもスエズ運河、パナマ運河、ホルムズ海峡にならび重要な航路の一つである。 マラッカの街中を流れる川の様子はこんな感じです: Jonker Street マラッカの有名な通りみたいです: St. Francis Xabier Church 日本にも布教に来ていた宣教師ザビエルの名前を持つ教会がありました。ザビエルはフィリピンで亡くなったのだそうですが、亡骸が一時マラッカに安置されていたのだそうです: St. Paul Church パウロの名前を持つ教会です。ここは教会跡として残っていました: Chirist Church Malacca ここらへんが観光地の中心地みたいでした:

シンガポールからマラッカへのバス旅行

  • POST
シンガポールなどの中国文化圏では旧暦の正月ということで、今週は連休です。私は出遅れたため、陸路で行けるマラッカに旅行に来ています。 今回は出遅れたということもあって、バスなら予約ができたので、バスでシンガポールからマラッカへ向かいました。その時に注意しといたほうがいいことをまとめておきます。 当たり前だけど出国・入国手続きあるよ 飛行機と一緒で、当たり前ですがシンガポールの出国・マレーシアへの入国手続きをする必要があります。 シンガポールの出国手続き バスを降りて、出国手続きをします。ちなみにバスに荷物を置いたままでもOKみたいでした。 パスポートと、労働ビザを持っていない人は入国時に書いたカードを持参すれば大丈夫なはずです。 マレーシアへの入国手続き ここでもバスから降りて手続きをします。こちらは入国するためすべての荷物をバスから降ろして、手続きをする必要がありました。 日本人の場合はビザ不要のため、パスポートを見せて、両手の人さし指をスキャンすれば入国手続きは完了です。 念のためセキュリティで手荷物の赤外線検査があります。 落とし穴としては バスから降りるということは、バスに乗る必要があります。バスの車体とか、色とか、心配なら車のナンバーをきちんと覚えておかないと迷子になります。 私も迷子になりそうになりました。。。