Chiang Mai

チェンマイ旅行1日目

  • POST

友人の結婚式でタイのチェンマイに行って来ました。

チェンマイとは

Wikitravelによると、このように解説されています:

チェンマイ (Chiang Mai) はタイ北部最大の都市。昔のラーンナータイ王国の首都で「北方のバラ」とも呼ばれている。寺院が多く、古都としての風格を備えていることから、日本では俗に「タイの京都」と呼ばれたりもする。

このような感じで、とても素敵な古都らしいという事前情報。期待出来ます。

Chiang Mai City

久しぶりに海外旅行をして驚いたこと

  • POST
友人の結婚式に参加するため、タイに来ています。2年ぶりぐらいの海外旅行です。久しぶりに海外旅行をして、驚いたことを書きつづります。 連絡が取りやすくなった 以前に比べて連絡が取りやすくなったと感じます。スマートフォンを持って行って、空港で滞在国で使用できるポータブルの無線LANルーターを借りさえすれば、お金を気にすることなく友達と連絡が取れます。 しかも、トランジットで立ち寄った香港空港は無料で WiFi を提供していました。友達にメールと Skype で到着時刻の見込みを伝えることができました。これって、すごいことだと思いませんか?また、 WiFiさえつながれば、FacebookやTwitterにもアクセス可能です。日本にいる友達が何をしているかもウォッチできます。 このお手軽さはこれまでなかったことだと思いました。 アジアの黄色人種のデフォルトは中国人だったと気づく 今回の旅は、成田< ->香港< ->チェンマイという移動をしました。途中、香港で乗り継ぎをしたわけですが、香港からチェンマイに向かう人は当然ながら中国の人が多かったです。キャビンアテンダントのお姉さんも中国語で話しかけてくる世界…日本からの直通便のチケットが高い理由を体で感じました。 中国の人たちは経済も上向いていて、すごい勢いを感じます。バブルの時の日本人も海外から見るとああいう感じだったのかもしれませんが、ちょっとマナーがという部分もあったりして… 結構英語が通じる 英語が公用語では無い国を訪問したのは始めてなのですが、結構英語が通じますね。ホテルの中で生活する分には不自由はしないように思いました。