星系出雲の兵站3で気になった部分

May 26, 2019   : 兵站(= Military Logistics)にスポットを当てたSF小説ということで読んでみました。

前回兵站にスポットを当てたSF小説ということで星系出雲の兵站 1を読みましたが、3巻目まで到達しました。

気になった部分

後方支援業務について:

引き継ぎそのものはあくまでも機械的に行なった。吉住が火伏をどう思っているかわからなかったが、火伏自身は彼を評価していた。業績は目立たない人かもしれないが、後方支援業務はそもそも目立つ仕事ではないのだ。 目立たないこと、それこそが有能さの証明だ。部隊からの要求は計画通りには進まない。単純な補給業務でさえ、予想外の事態は起こる。そうしたときに適切に対応し、目に見える形のトラブルを意識させないというのは、高い実務能力と想像力が要求される。

だからこそ吉住大佐の仕事は目立たない。とかく組織では大きなトラブルが起きてから、それを解決できる人間が評価されがちだ。しかし、真に有能な人間は全体に目配りし、トラブルの兆候を発見し、それが問題となる前に対処する。

吉住の仕事を「事なかれ主義」と誤解する人間がいるのは火伏も知っている。それは仕方がない。ある程度以上の技量がなければ、吉住の力量は理解できない。彼の仕事こそ、無能と無責任の事なかれ主義とは対極にある。

だから引き継ぎ自体にほとんどやることはなかった。若干の打ち合わせで吉住がすべて心得ていることを火伏は確認できた。やり方の違いはあるようだが、それはお互い様だ。

吉住兵站監が職を譲る場面:

「ガイナスは天涯から大量の水と有機物を手に入れた。この先の戦闘は本格的な物量同士のぶつかり合いになる可能性があります。

同時にガイナスの戦術的な選択肢も増えた。彼らは禍露棲の攻撃も惑星壱岐の攻撃も可能となった。

言い換えれば、次の兵站作戦はレールの上を進む形ではあり得ない。どこにレールを敷設すべきか、それを見極め、采配を下せる人間でなければならない。残念ながら私にはそこまでの力量はない。それが可能な兵站監は私が知る限り、火伏君しかいない。

だから私は職を辞す。そして彼が兵站監に戻ってくれるなら、私は兵站監補佐として存分に働いてみせますよ。

今回の大勝利で、司令長官の発言を危機管理委員会も無視できないでしょう。ならば火伏君を呼び戻すべきです」

「吉住さん……あなたこそ」

「英雄と言うのなら、それは間違いです。私は平凡なプロフェッショナルですから。それが私の誇りです」

星系出雲の兵站3 (ハヤカワ文庫JA)
林 譲治
早川書房
売り上げランキング: 225,025