Contents

VaultをIntegrated Storage (raft)でセットアップ

Vaultをインストール・セットアップしてみたので、そのときのメモになります。

想定する環境

想定する環境を説明します。Vaultについては、Integrated Storage (Raft)を利用して、クラスターを構成します。

ダイアグラム

3台のサーバでクラスターを構成してみます。

https://farm66.staticflickr.com/65535/51275717613_7dfe3a9d11_c.jpg

サーバのOS・CPUアーキテクチャーとか

Ubuntu 20.04 LTSにインストールします。

1
2
3
4
5
% cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=20.04
DISTRIB_CODENAME=focal
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 20.04.2 LTS"
1
2
% arch
x86_64

インストール

aptリポジトリがあるので、そこからインストールします。公式解説ページはこちら

HashiCorp GPGキーの追加

以下のコマンドを実行して、GPGキーを追加します。

1
2
3
% curl -fsSL https://apt.releases.hashicorp.com/gpg | sudo apt-key add -

$ sudo apt-add-repository "deb [arch=amd64] https://apt.releases.hashicorp.com $(lsb_release -cs) main"

インストール

各サーバー上で以下のコマンドを実行して、Vaultのインストールを行います。

1
% sudo apt-get update && sudo apt-get install vault

インストールすると導入されるもの

以下のものが導入されるようです:

  • vaultのバイナリー
  • systemd設定ファイル
  • /opt/vaultディレクトリが作成される
    • /opt/vault/dataはデータ格納用を意図していると思われる
    • /opt/vault/tlsはオレオレ証明書を作成して格納しているようです
  • /etc/vault.dが作成される
    • /etc/vault.d/vault.hclが標準の設定ファイルとしてデプロイされる

注意点

  • systemd設定ファイルが導入されますが、自動起動はしません。自動起動させるにはsudo systemctl enable vaultを自分で実施する必要があります。

  • オレオレ証明書の中身を確認する限り、バーチャルホスト名が「Vault」の時に有効な証明書を作っているようです。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
% openssl x509 -text -noout -in /opt/vault/tls/tls.crt
Certificate:
    Data:
        Version: 3 (0x2)
        Serial Number: 7e:28:fd:b0:56:83:69:a9:d0:08:8c:26:f5:18:60:1e:42:17:16:02
        Signature Algorithm: sha256WithRSAEncryption
        Issuer: O = HashiCorp, CN = Vault
        Validity
            Not Before: Jun  7 23:23:17 2021 GMT
            Not After : Jun  6 23:23:17 2024 GMT
        Subject: O = HashiCorp, CN = Vault
        Subject Public Key Info:
            Public Key Algorithm: rsaEncryption
                RSA Public-Key: (4096 bit)
[…snip…]

セットアップ

セットアップの手順を説明していきます。

設定ファイルの置換

各サーバ上の/etc/vault.d/vault.hclを、以下の内容で上書きします。なお、下の例はvault01サーバの例です。適宜、IPアドレス・ホスト名など読み替えてください。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
ui = true
disable_mlock = true

storage "raft" {
  path    = "/opt/vault/data"
  # ノード名はサーバごとに変わりますので置き換えてください
  node_id = "vault01"

 # 再接続先のIPアドレスもサーバごとに変わりますので置き換えてください
 retry_join {
    leader_api_addr = "http://192.168.10.143:8200"
  }

  retry_join {
    leader_api_addr = "http://192.168.10.144:8200"
  }
}

# ここも変わりますので置き換えてください。
api_addr = "http://192.168.10.142:8200"
cluster_addr = "http://192.168.10.142:8201"

# HTTPS listener
listener "tcp" {
  address       = "0.0.0.0:8200"
  cluster_address = "0.0.0.0:8201"

  # SSL通信は今回は使用しない
  tls_disable = true
  # tls_cert_file = "/opt/vault/tls/tls.crt"
  # tls_key_file  = "/opt/vault/tls/tls.key"
}

Vault起動 (1台目)

どこでもいいので、以下のコマンドを実行し、どこかのサーバでVaultを起動します。

1
% sudo systemctl start vault

vaultコマンドに接続先サーバを指示するため、VAULT_ADDR環境変数を指定します:

1
% export VAULT_ADDR=http://192.168.10.142:8200

後は通常通り、vault operator initコマンドを実行します。すると、リカバリーキーとInitial Root Tokenが発行されます。vault operator unsealコマンドでunsealします。

Vault起動 (2台目以降)

それ以外のサーバーでは、sudo systemctl start vaultを実行してから、vault operator unsealコマンドでunsealします。

動作確認

vault statusコマンドを実行して、storage TyperaftHA Enabledtrueであることを確認します。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
% vault status
Key                      Value
---                      -----
Recovery Seal Type       shamir
Initialized              true
Sealed                   false
Total Recovery Shares    5
Threshold                3
Version                  1.7.3
Storage Type             raft
Cluster Name             vault-cluster-e2a49833
Cluster ID               08252ea2-3816-419e-7f67-2d8929c438bb
HA Enabled               true
HA Cluster               https://192.168.10.144:8201
HA Mode                  active
Active Since             2021-06-26T15:14:28.755516837Z
Raft Committed Index     31294
Raft Applied Index       31294

vault operator raft list-peersコマンドを実行すると、適切にセットアップされていれば、どこかのサーバーがleaderに、その他がfollowerとして表示されます。

1
2
3
4
5
6
kazu634@vault01% vault operator raft list-peers
Node       Address                State       Voter
----       -------                -----       -----
vault01    192.168.10.142:8201    follower    true
vault02    192.168.10.143:8201    follower    true
vault03    192.168.10.144:8201    leader      true

Integrated storage (raft)を利用している際に、ノードの異常などを検知して、クラスターリーダーの変更などをする機能をautopilotと呼んでいます。この機能の状態をvault operator raft autopilot stateコマンドで確認できます。Healthytrueであることを確認します。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
kazu634@vault01% vault operator raft autopilot state
Healthy:                      true
Failure Tolerance:            1
Leader:                       vault03
Voters:
   vault03
   vault01
   vault02
Servers:
   vault01
      Name:            vault01
      Address:         192.168.10.142:8201
      Status:          voter
      Node Status:     alive
      Healthy:         true
      Last Contact:    3.880838102s
      Last Term:       10
      Last Index:      31293
   vault02
      Name:            vault02
      Address:         192.168.10.143:8201
      Status:          voter
      Node Status:     alive
      Healthy:         true
      Last Contact:    1.404623564s
      Last Term:       10
      Last Index:      31293
   vault03
      Name:            vault03
      Address:         192.168.10.144:8201
      Status:          leader
      Node Status:     alive
      Healthy:         true
      Last Contact:    0s
      Last Term:       10
      Last Index:      31293

その他

その他のセットアップ関連です。

自動起動

sudo systemctl enable vaultコマンドを実行します。