Nagiosでドメイン有効期限を監視する

Jan 27, 2013   #nagios  #Programming  #シェルスクリプト  :

ドメインの残り有効期限を取得するシェルスクリプト」で紹介したスクリプトを Nagios から使用できるようにしてみました。

これは何をするもの?

Nagios からドメインの有効期限を監視します。今のところ .com にしか対応していません。作業完了後のイメージはこんな感じです:

Nagios Core

Nagiosプラグインの仕様

ここでNagiosプラグインの仕様がまとめられています。簡単にまとめると次のようになります:

  • リターンコード 0: OK
  • リターンコード 1: Warning
  • リターンコード 2: Critical
  • リターンコード 3: Unknown
  • 最低1行は標準出力に何か出力すること

スクリプト

ドメインの残り有効期限を取得するシェルスクリプト」で作成したスクリプトを修正して、適切なリターンコードを返すように修正しました:

#!/bin/bash

########################################
# Name: Kazuhiro MUSASHI
#
# about:
#
# Usage:
#
# Author:
# Date:
########################################

set -e

# Constants
WHOIS='/usr/bin/whois'

# Thresholds
WARNINGS=60
CRITICAL=30

# Return Codes
OK=0
WARN=1
CRIT=2
UNKNOWN=3

# Check the number of the arguments
if [ $# -ne 1 ]; then
  exit ${UNKNOWN}
fi

DOMAIN=$1

# Check the specified domain name
if [ ! ${DOMAIN##*.} == "com" ]; then

  echo "Specify the .com domain name."
  exit ${UNKNOWN}

fi

# Check whether the whois command exists or not
if [ ! -x ${WHOIS} ]; then

  echo "${WHOIS} command does not exist."
  exit ${UNKNOWN}

fi

# Execute the whois command
EXPIRE=`${WHOIS} ${DOMAIN} | grep Expiration | tail -n 1 | cut -f 3 -d " "`

# Convert the expiration date into seconds
EXPIRE_SECS=`date +%s --date=${EXPIRE}`

# Acquire the now seconds
CURRENTDATE_SEC=`date +%s`

# Calculate the remaining days
((DIFF_SEC=EXPIRE_SECS-CURRENTDATE_SEC))

REMAIN_DAYS=$((DIFF_SEC/86400))

# OK case
if [ ${REMAIN_DAYS} -ge ${WARNINGS} ]; then
  echo "The domain will be expired in ${REMAIN_DAYS} days."
  exit ${OK}

# Warning case
elif [ ${REMAIN_DAYS} -ge ${CRITICAL} ]; then
  echo "The domain will be expired in ${REMAIN_DAYS} days."
  exit ${WARN}

# Critical case
elif [ ${REMAIN_DAYS} -lt ${CRITICAL} ]; then
  echo "The domain will be expired in ${REMAIN_DAYS} days."
  exit ${CRIT}
fi

echo "The script should not end at this point."
exit ${UNKNOWN}

私は作成したスクリプトを /usr/loca/bin/ 配下に配置しました。

commnds.cfgの編集

Nagiosのcommands.cfgに以下の行を追加します:

+# 'check_domain' command definition    
+define command{
+    command_name    check_domain
+    command_line    /usr/local/bin/check_domain $ARG1$
+    }

監視サービスの追加

監視設定を記述している設定ファイルに例えば以下の行を追加します:

+define service{
+        use                             generic-service
+        host_name                       sakura-vps
+        service_description             domain
+        check_command                   check_domain!kazu634.com
+        check_interval                  1440
+    }

後は「sudo service nagios reload」などのコマンドを実行し、Nagios設定ファイルをリロードしてください。

参考

Nagios統合監視[実践]リファレンス (Software Design plus)
株式会社エクストランス 佐藤 省吾 Team-Nagios
技術評論社
売り上げランキング: 53,459