旅行

日本で免税ショッピングを楽しむよ

  • POST
「免税」という言葉があることは知っていましたが、よくわかっていなかったので、今回調べてみました。海外で働いている日本人は、日本に一時帰国中でも免税ができるそうなので、日本に帰国して実際に試してみたよ。 免税とは 「どうして安い価格で買えるの?免税店の仕組み | お金の教室 |ジャックス」を参考にみてみると、免税店とは「税金が免除される店のことで、関税や消費税がかからない商品を置いてい」るお店とのこと。 免税店には2種類あって、 空港型免税店(Duty Free Shop) 市中免税店(Tax Free Shop) があるそうです。空港型免税店では関税、酒税、たばこ税などが免除され、市中免税店では消費税が免除されるそうです。 要するに、一時滞在をしていることが明確な人の場合は、国内であれば支払う必要のある税金を免除するよ…という仕組みのようです。 試してみた シンガポールで働いている私は、日本に帰国している場合は一時滞在をしていることとなり、免税できる権利があります。やった。というわけで試してみました。 大まかな流れはこちら: 日本に入国するタイミングでパスポートに帰国スタンプを押してもらう 免税店で購入する際に、免税店の店員さんは一時帰国中の人かどうかを確認する必要があります。そのため、免税店で購入する際はパスポートを持参して、日本には一時帰国中であることを証明する必要があります。 店員さんは日本帰国時に押されるスタンプを見て判断しているのですが、最近の空港では自動改札などが導入され、スタンプが押されない場合があります。その場合は係員さんに「押してください」と言うと、スタンプを押してくれました。 よく目を凝らしていると、自動改札を過ぎたところで、「スタンプが必要な人は係員に申しつけください」といった掲示がありました。 免税店で買い物をする 免税店で買い物をします。「Tax Free」とか「Duty Free」と書かれているお店です。レジで「免税で」と言えばいいようです。 店員さんからパスポートの提示を求められるので、みせてあげます。そして必要書類を作成してもらい、パスポートに貼り付けてもらいます: 消費税が課税されていないのがわかります! 出国する際に税関の窓口に行く 成田空港の場合は、手荷物検査の後、出国審査の前で税関の窓口があります。そこに向かい、パスポートに貼り付けられたレシートなどを渡します。 厳密には購入した商品の確認を求められるようですが、今回は求められませんでした。とはいっても、規則に従えば確認が求められるので、手荷物で持参すべきなのだとおもいます。 まとめ 私の実家は仙台なのですが、学生時代に比べると、免税店がとても多くなっていました。仙台駅前のAEONでも免税できるとは驚きです。 東京オリンピックもあることから、外国人旅行客の取り込みにも熱心のようです。仙台駅にSIMカードの自動販売機を見つけた時には驚きました。

バックパッカーの聖地ということで有名なカオサン通りを訪ねてきました

  • POST
カオサン通りを訪ねてきました。バンコクにはカオサン通りという通りがあります。バックパッカーの聖地ということで有名と知り、行ってみました。 行き方 今回私が宿泊したのはNana付近のホテルでした。そこから向かう方法としては、 タクシー テュクテュク 船 という3つの選択肢があるようでした。今回は船で向かいました。地図で見るとこんな感じで向かいました: まずは電車でSathornまで向かい、そこからChao Phraya Tourist Boatに乗ります。N13のPhra Arthitで降ります: 船からの街並みはこんな感じになります: 街並み 船着き場から降りて、カオサン通りまでたどり着くには少しだけ歩きます: 落書きもありました: そしてついにカオサン通りに到着。カオサン通りはバーや酒場などの飲み屋が数多くありました。想像していたようなバックパッカーの聖地というよりかは、普通の繁華街という印象を受けます: 1つ隣の通りの方が、バックパッカー向けのように思いました。こちらの通りはホテルやマッサージ屋さん、レストランが並んでいて、それっぽい感じです: 感想 後で学生時代からアジア放浪していた友だちに聞いたところ、バックパッカーが多く集まるということで有名だったのは過去の話。若い時にカオサン通りに滞在していたバックパッカーが、歳をとり、子供もできて、訪れている…というのが最近の実態のようです。

ジョホールバルからクアラルンプールの電車旅行

  • POST
「世界の車窓から」でマレー鉄道が取り上げられているのを見て、ふと思い立ってジョホールバルからクアラルンプールまで電車で移動してみました。 シンガポールの連休期間にジョホールバルへ移動する際の注意事項 シンガポールの連休期間にジョホールバルへ移動する場合は、ジョホールバルへ向かう人がすごく多く、出入国にすごく時間がかかります。 私の場合、AM 10:00にジョホールバル発の電車に乗る予定で、AM 6:00過ぎに家を出ましたが、ジョホールバルの駅にたどり着けたのはAM 11:00でした。。。 おそらくこうした場合に、時間通りにたどり着くためには、バスなどでジョホールバルへ向かうのではなく、直接Woodlandの出入国管理の所へ向かい、徒歩で国境を超え、マレーシアに入国すると道路の渋滞状況に左右されずにジョホールへ向かえるのだと思います。 電車のチケットを手配する マレーシアへの入国審査を済ませて、Johor Bahru Sentral駅に入ると、チケットカウンターがあります。 ジョホールバルからクアラルンプールに向かう際は、 ジョホールバル -> Gemas Gemas -> クアラルンプール の二区間のチケットを手配することになります。 カウンターの人は慣れているので、英語で話しかけてもきちんと応対してくれました。2つの区間で日本円で2000円行かないくらいです: 30分前には駅にいてねと書いていますね。 マレーシア鉄道の電車 (Johor Bahru Sentral から Gemas) 電車に乗り込むと、見たことのある漢字や表記があります。 これは窓側・通路側: 絶対に日本の寝台列車だと思う: といった感じで、どうやらJRのお古を再利用しているようです。 マレーシア鉄道の電車 (Gemas から Kuala Lumpur) 乗換駅のGemas -> Kuala Lumpur間は最新の電車が導入されているみたいで、新幹線的な乗り心地でした: 路線によって、違うものだなぁという感想です。 クアラルンプール到着 ジョホールバルから北上してたどり着いたクアラルンプールは大都会でした。何これ、すごい:

シンガポールの主だった観光地を回ってきました。

  • POST
お友達がシンガポールに弾丸でやってきましたので、主だった観光地を一緒に回りました。観光地巡りのまとめです。 シンガポール動物園 シンガポール動物園には3つのアトラクションがあります。 動物園 リバーサファリ ナイトサファリ 今回は2つのアトラクションを回れるチケットを購入して、リバーサファリとナイトサファリを回りました。動物園でも良かったのですが、リバーサファリはすべて屋根付きという情報をゲットしたため、リバーサファリにしました。最近、雨が強いので。。。 今回は午後2〜3時くらいからリバーサファリに入り始め、5時過ぎに出て、夕飯を食べ始めました。ゆっくりと食事をしながら、7時15分のナイトサファリ開演を待ちました。 リバーサファリ リバーサファリは世界の大河を題材に取り上げて、どんなお魚が生息しているのかを紹介してくれるアトラクションのようです。 こんな水槽でお魚さんが展示されています: 途中でひどい雨に降られてしまいました。でも、屋外でも屋根付きだから、なんとか最後まで楽しむことができました。屋根がなかったら大変だったと思います。 雨の中、屋内から雨の打ち付ける水槽で泳ぐオットセイさんを、下から眺めることができました: パンダ @ リバーサファリ リバーサファリにはパンダ園もありました! ナイトサファリ ナイトサファリは広大な敷地の中で野生の動物たちを見るアトラクションです。ただ入場するだけでなくて、トラムに乗って園内を一周することもできます。 トラムについては、日本語アナウンス対応のトラムがあって、有償ですがそちらの方がおススメです。一般のトラムとは別の乗り口になっていて、非常にスムーズにトラムに乗れるので。 トラムに乗ろうと園内に入って行くと、こんな感じでお出迎えされました。 トラムからは色々な動物を見ることができるのですが、一眼レフとかでズームできるカメラを持ち込むと、きれいな写真が撮れると思います。スマホでは厳しいですね。カピバラさんとか、ゾウさんとか、ライオンとか色々といました。 最後はお土産物屋さんを物色です。処分セールかなんかだったのかと思いますが、この人形が2SGDというのは安いと思いました: 市内観光 チャイナタウン散策、ラッフルズホテル、リバークルーズ、マリナベイサンズ、レベル33に行きました。 チャイナタウン散策 家の近くということもあり、チャイナタウンを散策しました。お土産屋さんも多くて、チャイナタウンの雰囲気を感じてもらいました。 ラッフルズホテル ラッフルズホテルではお土産物を物色してもらいました。 気づいてなかったのですが、名物のカヤジャムなどは機内持ち込みできませんでした。。。移動代を安く上げるために今回はLCC利用だったので、スーツケース持参でしたが機内持ち込み。。。結果的にカヤジャムをお土産で購入することは断念してもらうことに。 次回は気をつけます。 リバークルーズ クラークキーの所からリバークルーズを楽しみました。シンガポールリバーからマリナベイサンズとマーライオンへと回れるので、観光スポットを押さえることができます。 マリナベイサンズ散策 マリナベイサンズを散策しました。色々なブランドショップがあるのでウィンドショッピングでも楽しめます。TWGに入って、雰囲気を楽しみました。 レベル33 マリナベイサンズを一望できるレストランでディナーを楽しみます。土日だと1人あたり60SGDで屋外席の予約ができました。平日はもっと高かった気がするんだけどなぁ。 ユニバーサルスタジオシンガポール セントーサ島にあるユニバーサルスタジオに行きました。セントーサ島にはでかいマーラインもいて、驚きました。 ユニバーサルスタジオのチケットは、Masterカードを持っている人限定でプロモーションをやっていて、少しだけ安くチケットを購入できました。オンラインで申し込んで、当日は受信したメールの添付ファイルを見せて中に入ります。 キティちゃんって、どこにでもいるんだなぁというのが感想ですね: ウォーターショーも見ました。かなり迫力があります。席は3種類あって、 ずぶ濡れになる席 濡れる可能性がある席 濡れない席 という感じでした。カッパもどこかで売っているみたいなんですが発見できず。濡れるかもしれない席で見ました。