Pacemaker + Corosyncを用いてクラスタ環境の構築 - 事前準備

Jun 26, 2016   #Clustering  #Pacemaker  #Corosync  : Pacemaker + Corosyncを用いてクラスタ環境を構築してみました。RHEL 6.4で検証しました。

お仕事でLinux環境でHAクラスタを検証する必要が出てきたので、手順を調べてみました。

環境

RHEL 6.4環境で検証しております:

# cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux Server release 6.4 (Santiago)

当然ながらCentOS6でも動作するかと思います。RHEL 7 or CentOS7ではOSの仕組みが変わっていると思いますので、ここでまとめた手順の通りにしてもおそらく動作しません。

以下のような環境を構築します:

# Hostname IP Address Remarks
1 rhel-act 192.168.56.31 Active server
2 rhel-sta 192.168.56.32 Standby server
3 rhel-logical 192.168.56.30 Logical hostname / floating IP
4 rhel-iscsi 192.168.56.40 iScsi server

簡単なネットワーク図はこちら:

network diagram

事前準備

事前準備をまとめてみます。

ホスト名の変更

稼動系と待機系でホスト名を変更すると思いますので、メモとして書いておきます:

# YYYYMMDD=`date "+%Y%m%d"`
# cd /etc/sysconfig
# cp -p network network.${YYYYMMDD}
# vi network
# diff -u network.${YYYYMMDD} network
--- network.20160625    2016-06-25 10:02:48.472999973 +0800
+++ network     2016-06-25 15:05:22.301995842 +0800
@@ -1,2 +1,2 @@
 NETWORKING=yes
-HOSTNAME=rhel-dev
+HOSTNAME=rhel-act

静的IPアドレスを割り当てる

静的IPアドレスを割り当ててあげます。

# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
# cp -p ifcfg-eth0 ifcfg-eth0.${YYYYMMDD}
# vi ifcfg-eth0
# diff -u ifcfg-eth0.${YYYYMMDD} ifcfg-eth0
--- ifcfg-eth0.20160625 2016-06-25 10:02:48.472999973 +0800
+++ ifcfg-eth0  2016-06-25 15:09:10.943999953 +0800
@@ -1,9 +1,11 @@
 DEVICE="eth0"
-BOOTPROTO="dhcp"
-DHCP_HOSTNAME="rhel-dev"
+BOOTPROTO="static"
+DHCP_HOSTNAME="rhel-act"
 HWADDR="08:00:27:3F:4C:85"
-IPV6INIT="yes"
+IPV6INIT="no"
 NM_CONTROLLED="yes"
 ONBOOT="yes"
 TYPE="Ethernet"
 UUID="a9e827e5-fbec-44a9-ba1e-d6ceec3a2278"
+IPADDR="192.168.59.31"
+NETMASK="255.255.255.0"

SELinuxはオフ

SELinuxはオフになっていることを確認します:

# getenforce
Disabled

オフになっていない場合は、オフにします。SELinuxを無効化する| セキュリティ | [Smart]を参照してください。

Firewall

ファイアーウォールはオフになっていることを確認します:

# iptables -L -n
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

ルールが有る場合には、iptables -Fします。

RPM リポジトリ

Redhat Subscriptionに登録していないため、CentOSのリポジトリを使います。以下のようにして、/etc/yum.repos.d/centos.repoを追加します:

# cd /etc/yum.repos.d/
# cat centos.repo
[base]
name=CentOS- - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=6&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos//os//
gpgcheck=1
gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

[updates]
name=CentOS- - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=6&arch=$basearch&repo=updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos//updates//
gpgcheck=1
gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

[extras]
name=CentOS- - Extras
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=6&arch=$basearch&repo=extras
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos//extras//
gpgcheck=1
gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

hosts ファイルの編集

/etc/hostsファイルを編集します。今回は、

  • rhel-act: 稼動系サーバ
  • rhel-sta: 待機系サーバ
  • rhel-iscsi: iscsiターゲットサーバ
  • rhel-logical: 論理ホスト名

として扱っています。

# cd /etc/
# ll hosts*
-rw-r--r--. 1 root root 158  1月 12 21:28 2010 hosts
-rw-r--r--. 1 root root 370  1月 12 21:28 2010 hosts.allow
-rw-r--r--. 1 root root 460  1月 12 21:28 2010 hosts.deny
# cp -p hosts hosts.${YYYYMMDD}
# ll hosts*
-rw-r--r--. 1 root root 158  1月 12 21:28 2010 hosts
-rw-r--r--  1 root root 158  1月 12 21:28 2010 hosts.20160625
-rw-r--r--. 1 root root 370  1月 12 21:28 2010 hosts.allow
-rw-r--r--. 1 root root 460  1月 12 21:28 2010 hosts.deny
# vi hosts
# diff -u hosts.${YYYYMMDD} hosts
--- hosts.20160625      2010-01-12 21:28:22.000000000 +0800
+++ hosts       2016-06-25 15:20:31.274997882 +0800
@@ -1,2 +1,6 @@
 127.0.0.1   localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
 ::1         localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6
+
+192.168.59.31 rhel-act
+192.168.59.32 rhel-sta
+192.168.59.35 rhel-iscsi
+192.168.59.30 rhel-logical

とりあえず今日はここまで。