意地悪であれば失敗する

Nov 30, 2014   #Paul Graham  #読書  :

Paul Grahamが書いたエッセー: “Mean People Fail“の中で気になった一節:

[…] For most of history, success meant success at zero-sum games. And in most of them meanness was not a handicap but probably an advantage.

That is changing. Increasingly the games that matter are not zero-sum. Increasingly you win not by fighting to get control of a scarce resource, but by having new ideas and building new things.

「これまでの歴史を振り返ると、成功というのがゼロサムゲームでの成功を意味することがほとんど」であり、そうした状況下では「平均的意地悪であることは問題ではなく、有利な点となった」というのもなんとなく頷ける指摘とおもいました。

これからはゼロサムゲームではない次元での戦いになるのではないかというのが指摘として光る部分かと。

  • * *2014/12/02: パフォーマンスチューニングの本を読んでいて、meanが「平均」としか思えなくなっていて勘違いしていることに気づきました。Shiroさん、コメント有難うございます。meanは「意地が悪い」という意味ですね。