ESXiサーバを構築する (ESXiインストール編)

Nov 10, 2012   #esxi  :

だいぶ間が開いてしまいましたが、ESXiサーバ構築のまとめです。今回は ESXi サーバを実際にインストールします。

インストーラーの起動

VMWare から ESXi のインストール用 ISO をダウンロードし、 CD-R などに書き込みます。USBでも大丈夫みたいです。方法は Google 先生に聞いてください。

ISO を書き込んだ CD を入れて、サーバの電源をいれます。すると以下の画面が表示されてきます:

ESXi Installation Screenshot

ESXi Installation Screenshot

ESXi Installation Screenshot

エンドユーザーライセンスの確認です。F11キーを押します。

ESXi Installation Screenshot

キーボードの種類を指定します。「Japanese」かな。

ESXi Installation Screenshot

ESXi をインストールするディスクを指定します。

ESXi Installation Screenshot

デフォルトで作成される root ユーザーのパスワードを指定しますよ。

ESXi Installation Screenshot

インストール前の確認が出てきます。問題なければ、F11キーを押します。

ESXi Installation Screenshot

インストールが完了すると、リブート確認が出てきます。エンターキーを押して、リブートします。

ESXi Installation Screenshot

リブート後の設定

再起動するとこんな感じになります:

ESXi Installation Screenshot

ネットワーク設定の変更

再起動直後は DHCP で IP アドレスを取得しているため、Static に変更してあげます。F2キーを押すと、rootのパスワードを聞かれます。パスワードを入力します。

ESXi Installation Screenshot

IP Configurationにカーソルを合わせて、エンターキーを押します。

ESXi Installation Screenshot

[Set Static IP address and network configuration]にカーソルを合わせて、スペースキーを押します。後は、エンターキーを押します。

ESXi Installation Screenshot

設定変更の確認ダイアログが表示されます。Yボタンを押します。

ESXi Installation Screenshot

SSH ログインの有効化

SSHログインを有効にしていると便利なため、SSHログインを有効にしてあげます。

下の画面で、[Troubleshooting Options]を選択し、エンターキーを押します。

ESXi Installation Screenshot

[Enable SSH]にカーソルを合わせて、エンターキーを押します。右側の表示が「SSH is enabled」になれば OK です。

ESXi Installation Screenshot

後はエスケープキーを押して、初期画面に戻ります。

 

これから

vSphere Clientでアクセスしてあげれば、接続できますよ。