Number で気になった部分

Aug 19, 2011   #メモ  :

Numberで気になった部分です:

モータースポーツは、マシンの物理的な限界に挑み、破綻との境界線を見極めながら、最大限のパフォーマンスを引き出す競技だ。マシンの限界に挑戦するやり方は、大きく分けて二つある。着実に、少しずつ限界に近づく方法と、無理やりにでもいったん限界を突破し、その領域を自分のものにする方法だ。

「ただ無我夢中で、焦っていて、勢いだけで、技術も頭も体も追いついていなかった。でも、そうするしかなかったんです。綿密に計算して慎重に行動していたら、自分のキャリアの短さからして、上に行くなんて無理だった」 (佐藤琢磨)

100%の走りをしてきたからこそ、琢磨はここまで来られた。それは失っちゃいけない。ポールポジションも、100%だからこそ得られたものですしね。でも、常に全力では、どうしても視野が狭くなる。10%だけでもいいから力を抜いて、その分、広い視野を持たなければ、強いドライバーには慣れない

他人の評価というのは様々だし、その人の人生観によって評価は変わって来るものだから。同時に自分に対する評価は自分で下さなければならないと思うようになった。

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2011年 8/4号 [雑誌]

B005AY6942
文藝春秋 2011-07-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools