先賢から受け継いだギフトを次の世代に継承することが、大人としての最大の責任

Jun 25, 2011   #メモ  :

Numberで気になった言葉です。今回はサッカーの監督特集でしたよ:

昔も今もコーチは一度も付けたこ とがない。教えてくれる人がおら ず、自分で失敗するまで前進できなかった分だけ「長い時間を要した」(ババ・ワトソン)

煮えくり返る腹立たしさも隠すポーカフェイスを学んだら、勝てるようになった。(ババ・ワトソ ン)

「私の仕事は単なるアシスタントという領域を超えていた。監督だけで戦っているわけじゃない。このチームはひとつの家族なんだ」 (カランカ)

組織を熟知する人間を起用し、細部まで情報を得る。そしてその右腕を誰よりも信頼し、擁護する。そんな姿勢がメッセージとなり、チームに結束を生んだ。

「君には才能があるが、それを最大限に発揮しなければならない。 戦える選手にならなければ」(モ ウリーニョがベンゼマについて)

「負けながらもそれ以前の選手の働きを評価するという監督は、果たして世にどれくらいいるだろうか。そのあたりに彼がスペシャ ルである理由があるんだ」

私はジョゼが好きだよ。彼には、悪魔のような頭の冴えと、端倪すべからざるユーモア感覚とが備わっている。彼から見ると、プレミアムというのは、老練な保安官が長く仕切っている町に見えるのだろうね。で、自分は、その町に単身乗り込んできた腕利きのガ ンマンのような気分でいるのじゃないか (フアーガソンがモウリー ニョについて)

良いチームの秘訣は秩序にある。全員が何をすべきかわかっていることが大事だ。(グアルデイオラ)

僕が選手に求めるのは「やれる」とわかっていることだけ。ただし数日ではなく、年間70試合を通してだ。やればできることを70 試合で要求し、実際にやらせる。しかも、楽しく気持ち良く。それ が僕の仕事だ。(グアルディオラ)

「やらなきゃいけないから」と思って物事に取り組んではだめだ。「やらなきゃいけない」は感じなければいけない。すると工夫 が生まれる。本当に必要を感じたら、何とかしようと工夫するものだ。(グアルデイオラ)

「勝つことはもちろん重要だが、それと同じくらい大事なことがある。我々のサッカーが人々を楽しませるのかということなんだ」 (ポルト監督・ビラスボアス)

「無鉄砲な自分でありつづけたい。無自覚であることは、ときに力になる」 (ACミラン監督・ アッレグリ)

「100点満点で95点をつけるくらいのプレーを試合で見せたとしても、お前のような能力を持った選手なら残りの5点を追求しないといけない」  (マインツ監督・ トゥヘル)

「リーダーとは目標、信念、野心を持つだけでなく、それを周囲に伝え、納得させられる人物でなければならない。到達するのに最大 限の努力が必要な目標を設定し、それが達成可能だという確信を持たせ、実際にグループが目標達 成に向けて最大限の努力を行うように導ける人物だ」 (ビジャレ アル監督・ガリード)

努力を決して怠るなってことかな。つまらなく思えることほど、 実は、最も大切なことなんだ。カペッロから教わったことだ。まだ 19歳との僕に容赦なく、ものすごく厳しいことを言われた。プロとしてのあり方を、徹底的に叩き込まれた。頭にきて、何度も腹を立てたけど、数年経った後に、彼から教わったことが、まるでジャ ブのように効いてきて、それが僕 の基盤を作ったんだ。そう気づいた日から、僕は不平や不満を一切口にしなくなった。だから、僕を慕ってきてくれる若い選手には、『いずれ自分の糧となるのだから、目上の人からの助言に、不満を感じてはいけない』と伝えている。先賢から受け継いだギフトを次の世代に継承することが、大人としての最大の責任なんだと思っ ている。(ラウール)

そんなことは他の誰かに聞いてくれ私は請われたから就任し、自分が力になれると思うからやっているだけだ。(オシム)

能力があって中立的なジャーナリストを見つけるのは難しい。(オシム)

「修正点を伝えるときに選手のここが良くないから変えないといけないと言うのではなく、ザックさんは、もっとこうすればこんなことができるからって言うんですよね。監督からは、心から信頼しているという気持ちが伝わってきます」 (ザッケローニ監督について)

ミスをしても責任は自分がとる。とにかくトライしろと言ってくれるので、選手は思い切ってできる。ミスをしたからではなく、ミスを嫌うようなプレーを怒られますから。 (サンフレッチェ監督・ ペトロヴィッチについて)

「サッカーでも人生でも必ずうまくいかないときは来る。そのときにどうあるべきかというのを、選手たちに良く話すんだ。順調なときに、必要以上に喜んで自分を見失うのは良くない。苦しいときに、すべてをネガティブに捉えるのもおかしい。我々の仕事は日々の積み重ねで、自分はどうあるべきかを証明していくものだ。自分の力を信じ、つねにポジティブであるように心がける。その作業を、地に足をつけて継続していけるかが大事なんだ。(サンフレッ チェ監督・ペトロヴィッチ)

誰が始まりかはわかりませんが、チャンピオンが出て、『じゃあ俺も、俺も』と、みんなが刺激しあって、ここまで来たんだと思います。たとえばチャンピオンが普通の練習をした後にフィジカルトレーニングをやってる。下の者は『もっともっとやらなければ差が開く』、『こんな練習では足りない』と感じる。そうしたことが、みんなを強くしているんだと思 います。高いレベルのボクシングを見られるという環境も大きい。 (帝拳ジムについて)

弛まぬ変化を続け、今日の隆盛を弛まぬ変化を続け、今日の隆盛を築いた帝拳だが、貫くべきものは頑として貫いてきた。帝拳独自のスタイリッシュなボクシングだけでなく、マッチメークの厳しさも大事な伝統の柱だ。日本タイトル 獲得などきちんとステップを踏み、現状に甘んじない試合を積極的に組む。難敵を打破できなければ世界への道はない。王者となっ ても、ランキング上位の選手を意識的に選んで当てている。(帝拳ジムについて)

「僕らはボールを持っていなければ、どこにでもいる普通のチームだ。つまり、重要なのはボールをだ。つまり、重要なのはボールを保持すること。そのためにはイニエスタ、メッシらに多く触らせることが必要だった」 (シャビがパ ルサについて)

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2011年 6/23号 [雑誌]

B0053D957S
文藝春秋 2011-06-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools