『Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2010年 10/14号 [雑誌]』で気になった部分

Oct 3, 2010   #メモ  :

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2010年 10/14号 [雑誌]』で気になった部分です:

さらに付け加えれば「ゲームへのアプローチ」に関しても、モウリーニョの哲学はバルサと対極に位置する。バルサは対戦相手どうこうではなく、まずは自分たちの美学を貫こうとするが、モウリーニョは敵の弱みを見つけ、そこをとことん突いていく時にこそ天与の才を発揮する。曰く。

「君の持っているのがフェラーリで、自分が持っているのが小さな車だったとしよう。

君にレースで勝つためには、タイヤをパンクさせるか、ガソリンタンクに砂糖を入れなきゃならないんだ」

まったく合わない水を一気に飲めと言われても、いきなり飲みほせないからね。少しずつ学ぼうと思いましたし。みんなから完璧な扱いをされるのはあまり好きじゃなかった。誰にも言ったことないけど、今なら言えるよね。 (朝青龍)

品格を口にする人たちに言いたいのは、他人を指差すのは簡単だけれど、一度は自分を指差してみてほしいってこと。大鵬さんとか、初代の若乃花さんとか、相撲の伝統を作ってきた人たちに言われたら真摯に受け止めるけど、たった69人しかいない横綱に対してね、素人の人間がメディアを通してこうしろ、ああしろって言うのはどうか。てめぇができるかって。それに対してコメントを出すと、またマスコミに叩かれるから我慢してきたんだよ。言葉に気をつける人間じゃないから、失礼なことも言っていただろうし、相手が腹を立てたこともあるかもしれない。自分が悪い面も認めるけど、彼らに合わせる必要はない。 (朝青龍)

試合は戦争に行くようなものだ。そのためにはまず敵を知らなければならない。敵はどう攻めてくるのか、そしてそれをどう守るのか。それを知れば、効果的に相手を攻略することができる。 (モウリーニョ)

「監督が厳格な人であることは正しい。ただ、彼が求めることはプロ選手としてやるべきことで当たり前のことだと思う。持てる力を最大限に発揮するためにトレーニングを全力で行い、サッカーを離れても心身ともにケアを怠らないようにする。それは当然のことで、チームを形作る選手たちが万全の状態であるべきだと監督が求めるのも当然のことさ。監督は大きな希望を持ってシャルケで仕事をしている。優れた選手たちでチームを作り、ブンデスとチャンピオンリーグで上を目指している。その中の一員として迎えて貰ったことは幸せなことだよ」 (ラウール on シャルケのゴンザレス監督)

自分に言わせれば、鍵を握っているのは選手の平均年齢じゃない。チームが成功を収められるかどうかは、監督が最高の選手をきちんと選び、その選手の能力を最大限に引き出すためのフォーメーションと戦術を正しく使えるかどうかに尽きるんだ。(カルロ・アンチェロッティ チェルシー監督)