「困難に陥るのは、知らないことが原因なのではない。実際は知っていると思い込んでいることを、知らなかったことが原因である」 (ジュシュ・ビリングス)

限界まで走りこんだり、筋肉が言うことを聞かなくなるまでウェートトレーニングを続けることはけっしておもしろくはない。しかしこうしたことは中核をなす重要な活動なのだ。

達人と素人の違いは特定の専門分野で一生上達するために、考え抜いた努力をどれだけ行ったのかの違いなのである。

究極の鍛錬にはいくつかの特徴的な要素がある。そして、それぞれが検討に値する。その要素とは

  1. しばしば教師の手を借り、実績向上のため特別に考案されている
  2. 何度も繰り返すことができる
  3. 結果に関して継続的にフィードバックを受けることができる
  4. チェスやビジネスのように純粋に知的な活動であるか、スポーツのように主に肉体的な活動であるかにかかわらず、精神的にとてもつらい
  5. あまりおもしろくもない
究極の鍛錬

究極の鍛錬