数学ガール ゲーデルの不完全性定理 (数学ガールシリーズ 3)』で気になった部分だよ:

人間は、一歩ずつ進む。先取りしてすべての歩みを知ることはできない。

人間は、一日ずつ生きる。先取りしてすべての日々を知ることはできない。

≪次に何が起こるかわからない≫

未来は、いつもおぼろげな迷い道のようだ。

まちがいだ、つじつまが合わない — そういう事態に陥るのは、これまでになかった概念にぶつかったからだ。失敗だと考えて引き返すことも出来る。しかし、新しい発見かもしれないと考えて、さらに進むことも出来る。概念の拡張では、いつもそういう場面に出会う。

数学ガール ゲーデルの不完全性定理 (数学ガールシリーズ 3)

数学ガール ゲーデルの不完全性定理 (数学ガールシリーズ 3)