gitのまとめ

Jun 14, 2009   #git  :

前回の続きです。

以前に行った変更を取り消す

変更を取り消すには、オブジェクト名を把握する必要がある。オブジェクト名を知るには、例えば下記のコマンドを実行するといい。

  • git log –pretty=short
  • git log
  • git log –grep=
  • git blame

変更を取り消すには3つの方法がある。

  1. 過去のコミットを打ち消す新しいコミットを作る
  2. ワークツリーで行った変更を元に戻す
  3. インデックスへの記録を取り下げる

過去のコミットを打ち消す新しいコミットを作る

git revert オブジェクト名を実施する。

ワークツリーで行った変更を取り消す

git checkout

歴史を書き換える

  1. git reset HEAD^でコミットを捨てる
  2. git reset –hard HEAD^でコミットもワークツリーも捨てる
  3. git commit –amendでコミットをやり直す

ブランチを用いた並行開発

ブランチを作る

現在の状態を元にして新しいブランチを作り、そのブランチ上で開発するには、git checkout -bコマンドを使います。

$ git checkout -b ブランチ名
ブランチを知る

現在自分がいるブランチを知るには、git branchコマンドを使います。

ブランチを育てる

普通にgit commitを行う

ブランチを切り替える

git checkout ブランチ名

「git」に関連する最近のエントリ