Debian自宅サーバ、SSHが使えるようになった

Dec 29, 2008   #つれづれ  :

自宅サーバを設置しようとしています – 武蔵の日記」の続きです。ようやくsshが使えるようになりました。

ネットワーク

なぜか初期のインストールではDHCPでの設定がうまくいかず。手動でもネットワークに繋がらないので、仕方がなくネットワークからダウンロードせずに最小構成でセットアップを終了。Debianを起動させてDHCPを認識させるための設定を書いてみる。/etc/network/interfacesを編集。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).
# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback
# The primary network interface
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet dhcp

これをやると、DHCPで認識する。なんでなんだろう?

でも、この最小構成の状態だと色々と不都合かなと感じたので、もう一度インストールを試みる。今度は一発でDHCP認識できた。たぶん、上書きインストールの際には前の設定ファイルを読み込んでいるのだろうと推測。とりあえずできたからいいや。

aptitudeの設定

パッケージ管理のためにaptitudeを最新の状態にしたよ。まずは/etc/apt/source.listを編集して、deb cdromで始まる行を削除するか、コメントアウトする。

# deb cdrom:[Debian GNU/Linux 4.0 r6 _Etch_ - Official i386 NETINST Binary-1 20081220-23:12]/ etch contrib main

そうしてから

# aptitude update
# aptitude upgrade

する。

sudoの導入

無いと色々と不便だから、導入するよ。

# aptitude -y install sudo
# visudo

visudoしてsudoersを編集するよ。自分の場合はこうなった

kazu634 ALL=(ALL) ALL

を追加した。

vsftpdの導入

sshを導入するためには、ファイルのやりとりをしなければいけないのでftpサーバをまず最初にたてる。

# aptitude -y install vsftpd
# vi /etc/vsftpd.conf

このvsftpd.confは次のように設定。

  • anonymous_enable=no
  • local_enable=yes
  • write_enable=yes
  • chroot_local_user=yes

設定が終わったら、vsftpdを再起動する。

# /etc/init.d/vsftpd restart

sshの導入

sshをやっと導入するよ。

# aptitude -y install openssh-client openssh-server
# vi /etc/ssh/sshd_config

sshd_configは次のように変更した。

  • PermitRootLogin no
  • PasswordAuthentication no

これで一通りの設定はできたよ。後は鍵を交換すればOK。ここでは触れません。

実践Debian GNU/Linuxサーバ ルート養成講座

実践Debian GNU/Linuxサーバ ルート養成講座