Kuala Lumpur

ジョホールバルからクアラルンプールの電車旅行

  • POST
「世界の車窓から」でマレー鉄道が取り上げられているのを見て、ふと思い立ってジョホールバルからクアラルンプールまで電車で移動してみました。 シンガポールの連休期間にジョホールバルへ移動する際の注意事項 シンガポールの連休期間にジョホールバルへ移動する場合は、ジョホールバルへ向かう人がすごく多く、出入国にすごく時間がかかります。 私の場合、AM 10:00にジョホールバル発の電車に乗る予定で、AM 6:00過ぎに家を出ましたが、ジョホールバルの駅にたどり着けたのはAM 11:00でした。。。 おそらくこうした場合に、時間通りにたどり着くためには、バスなどでジョホールバルへ向かうのではなく、直接Woodlandの出入国管理の所へ向かい、徒歩で国境を超え、マレーシアに入国すると道路の渋滞状況に左右されずにジョホールへ向かえるのだと思います。 電車のチケットを手配する マレーシアへの入国審査を済ませて、Johor Bahru Sentral駅に入ると、チケットカウンターがあります。 ジョホールバルからクアラルンプールに向かう際は、 ジョホールバル -> Gemas Gemas -> クアラルンプール の二区間のチケットを手配することになります。 カウンターの人は慣れているので、英語で話しかけてもきちんと応対してくれました。2つの区間で日本円で2000円行かないくらいです: 30分前には駅にいてねと書いていますね。 マレーシア鉄道の電車 (Johor Bahru Sentral から Gemas) 電車に乗り込むと、見たことのある漢字や表記があります。 これは窓側・通路側: 絶対に日本の寝台列車だと思う: といった感じで、どうやらJRのお古を再利用しているようです。 マレーシア鉄道の電車 (Gemas から Kuala Lumpur) 乗換駅のGemas -> Kuala Lumpur間は最新の電車が導入されているみたいで、新幹線的な乗り心地でした: 路線によって、違うものだなぁという感想です。 クアラルンプール到着 ジョホールバルから北上してたどり着いたクアラルンプールは大都会でした。何これ、すごい: