両親とのコミュニケーション手段を確保するよ

  • POST
いま私はシンガポールで働いているのですが、私の会社では一年に一度12日間を日本で過ごす休暇をいただくことができます。ちょうどお盆期間中に日本に一時帰国予定です。 今回日本に帰国する中で、実家関係でやらなければいけないことを整理しておきます。 両親との連絡手段を確保する これ、すごい大事。 現状と問題点 使わなくなったiPhone + 格安SIMの組み合わせでLineを利用していたのですが、、、 両親はあまりスマホに強くないです…そしてトラブル発生。。。 格安SIMを使っているため、iPhoneの調子が悪くなっても、近くのDocomoショップで助けてもらえない iPhone側の問題となりApple Storeに行ったとしても、SIM側の問題と切り分けできず、めくるめくたらい回し という状況で、いまのところLineによる連絡はできず、電話による連絡のみです。もしくは弟経由での連絡とか。 個人的に電話は嫌いで、必要なときにしか電話したくないので、Lineを復旧したいところです。 とりあえず こんな感じで進めたい! DocomoのSIMを契約する。これでDocomoショップにサポート丸投げできる!!! iPhone故障した場合の代わりの手段を確保する!!! DocomoでSIMのみプランで契約する 他社製品の携帯電話機などをドコモのSIMカードでご利用する際の手続き | NTTドコモ」を見ると、SIMのみで契約はできるみたいだから、これで契約をする! Docomoショップであれば、手厚いサポートが期待できるはず! iPhone故障した場合の代わりの手段を考えてみる ネットワークカメラとかで相互にお話しできるタイプのやつを居間に備え付ければいいのかなぁ…と考えています。それがあれば、多少画像がカクカクしても話せると思うから。 これは検討中。。。PLANEX ネットワークカメラ (スマカメ ムーンライト) 高感度センサー スピーカー&マイク内蔵 CS-QR220がいいのかなぁ PLANEX ネットワークカメラ (スマカメ ムーンライト) 高感度センサー スピーカー&マイク内蔵 CS-QR220posted with amazlet at 17.07.01プラネックス (2016-07-28) 売り上げランキング: 2,449 Amazon.co.jpで詳細を見る

バリ島に行ってきました♪

  • POST
今年のシンガポールは連休が少なく、三連休が久しぶりだったので、ボケーっとするためにバリ島に行ってきました! バリ島とは バリ島 - Wikipediaによると: 芸能・芸術の島として知られ、かつ、早くからビーチ・リゾートが開発されてきたバリは、世界的な観光地となっており、東南アジア各地のビーチ・リゾートのモデルとなっている。先進国の経済的価値を基準として比較すると物価水準がかなり低廉であり、比較的若年層でも十分楽しめることも人気の一要素である。訪れる観光客で一番多いのは、かつては日本人であったが、現在はオーストラリア人である[53]。したがって、バリ島の貨幣経済は観光収入で成立するものとなっており、財政面でもバリ州の収入の2/3が観光関連によるものとなっている。 要するにリゾート地ということらしいです。ビーチと山間部にある棚田などが有名な観光地になっているようです。 Kuta Beach Kutaは観光客向けの繁華街があるエリアだと思ってください。Kutaはばりの西側にあって、ビーチがあります。観光客向け、サーフィンのメッカということもあるようで、モノ売り、海水浴客、サーファー、観光客でごった返していました。 人が多い繁華街、ビーチなどが好きな方はこちらを選ぶといいかと思います。西に面したビートなので、夕日で有名です。こんな感じです: Sanur Beach Sanur Beachはバリ島の東側にある、閑静なビーチです。落ち着いた感じかつ、ビーチに面したホテル・Villaがずらっと並んでいて、ビーチで一日中ゆったりと過ごしたい方にはこちらがおすすめです。東側ということで朝日が有名みたいです。 こんな感じです: おみやげとか バリ島現地の人がショッピングとかするモールみたいなところはMal Bali Galeriaというところです。完全に先進国のモールでした。2Fに大きなスーパーがあるので、そこでお土産が買えます。 まとめ 次行くとしたら、山間部の棚田に行くぞ!