SIMフリーWifiルーター: AtermMR05LNを買いました

  • POST
シンガポールに住んでいる私ですが、結構シンガポール国外に出ることが多いです。その場合、空港などで現地のSIMを購入し、入れ替えて対応しています。 ただ、この方法だとちょっと煩雑。また、シンガポールの電話番号に電話がかかってきても気づけません(会社携帯だとデータ通信はオフにするけど、電話はできるようにしてることもあり)。いちいちSIMを入れ替えるのも面倒です。 解決策はないかと探してみたところ、SIMフリーのWiFiルーターを購入すれば大丈夫そうであることに気づきました。 NEC: AtermMR05LN 色々と探して見たのですが、SIMフリーのWifiルーターはたくさんありました。比較検討するポイントは色々ありますが、その中で普段のスマホと同じNanoSIMが使えるAtermMR05LNを購入することに決めました。 出先でSIMを差し替える場合もあり得ると思いましたので。 使ってみた SIMを入れて電源をオンにするだけで、以下のSIMは認識されて、つかえました。このリストは随時更新予定です: Star hub @ Singapore VINAPHONE @ Vietnam DTAC @ Thailand こちらで購入できます Amazonへのリンクです: NEC Aterm MR05LN 3B (デュアルSIM 対応 / nanoSIM×2) PA-MR05LNposted with amazlet at 18.01.17NEC 売り上げランキング: 110,381 Amazon.co.jpで詳細を見る

ジョホールバルからクアラルンプールの電車旅行

  • POST
「世界の車窓から」でマレー鉄道が取り上げられているのを見て、ふと思い立ってジョホールバルからクアラルンプールまで電車で移動してみました。 シンガポールの連休期間にジョホールバルへ移動する際の注意事項 シンガポールの連休期間にジョホールバルへ移動する場合は、ジョホールバルへ向かう人がすごく多く、出入国にすごく時間がかかります。 私の場合、AM 10:00にジョホールバル発の電車に乗る予定で、AM 6:00過ぎに家を出ましたが、ジョホールバルの駅にたどり着けたのはAM 11:00でした。。。 おそらくこうした場合に、時間通りにたどり着くためには、バスなどでジョホールバルへ向かうのではなく、直接Woodlandの出入国管理の所へ向かい、徒歩で国境を超え、マレーシアに入国すると道路の渋滞状況に左右されずにジョホールへ向かえるのだと思います。 電車のチケットを手配する マレーシアへの入国審査を済ませて、Johor Bahru Sentral駅に入ると、チケットカウンターがあります。 ジョホールバルからクアラルンプールに向かう際は、 ジョホールバル -> Gemas Gemas -> クアラルンプール の二区間のチケットを手配することになります。 カウンターの人は慣れているので、英語で話しかけてもきちんと応対してくれました。2つの区間で日本円で2000円行かないくらいです: 30分前には駅にいてねと書いていますね。 マレーシア鉄道の電車 (Johor Bahru Sentral から Gemas) 電車に乗り込むと、見たことのある漢字や表記があります。 これは窓側・通路側: 絶対に日本の寝台列車だと思う: といった感じで、どうやらJRのお古を再利用しているようです。 マレーシア鉄道の電車 (Gemas から Kuala Lumpur) 乗換駅のGemas -> Kuala Lumpur間は最新の電車が導入されているみたいで、新幹線的な乗り心地でした: 路線によって、違うものだなぁという感想です。 クアラルンプール到着 ジョホールバルから北上してたどり着いたクアラルンプールは大都会でした。何これ、すごい:

シンガポールの主だった観光地を回ってきました。

  • POST
お友達がシンガポールに弾丸でやってきましたので、主だった観光地を一緒に回りました。観光地巡りのまとめです。 シンガポール動物園 シンガポール動物園には3つのアトラクションがあります。 動物園 リバーサファリ ナイトサファリ 今回は2つのアトラクションを回れるチケットを購入して、リバーサファリとナイトサファリを回りました。動物園でも良かったのですが、リバーサファリはすべて屋根付きという情報をゲットしたため、リバーサファリにしました。最近、雨が強いので。。。 今回は午後2〜3時くらいからリバーサファリに入り始め、5時過ぎに出て、夕飯を食べ始めました。ゆっくりと食事をしながら、7時15分のナイトサファリ開演を待ちました。 リバーサファリ リバーサファリは世界の大河を題材に取り上げて、どんなお魚が生息しているのかを紹介してくれるアトラクションのようです。 こんな水槽でお魚さんが展示されています: 途中でひどい雨に降られてしまいました。でも、屋外でも屋根付きだから、なんとか最後まで楽しむことができました。屋根がなかったら大変だったと思います。 雨の中、屋内から雨の打ち付ける水槽で泳ぐオットセイさんを、下から眺めることができました: パンダ @ リバーサファリ リバーサファリにはパンダ園もありました! ナイトサファリ ナイトサファリは広大な敷地の中で野生の動物たちを見るアトラクションです。ただ入場するだけでなくて、トラムに乗って園内を一周することもできます。 トラムについては、日本語アナウンス対応のトラムがあって、有償ですがそちらの方がおススメです。一般のトラムとは別の乗り口になっていて、非常にスムーズにトラムに乗れるので。 トラムに乗ろうと園内に入って行くと、こんな感じでお出迎えされました。 トラムからは色々な動物を見ることができるのですが、一眼レフとかでズームできるカメラを持ち込むと、きれいな写真が撮れると思います。スマホでは厳しいですね。カピバラさんとか、ゾウさんとか、ライオンとか色々といました。 最後はお土産物屋さんを物色です。処分セールかなんかだったのかと思いますが、この人形が2SGDというのは安いと思いました: 市内観光 チャイナタウン散策、ラッフルズホテル、リバークルーズ、マリナベイサンズ、レベル33に行きました。 チャイナタウン散策 家の近くということもあり、チャイナタウンを散策しました。お土産屋さんも多くて、チャイナタウンの雰囲気を感じてもらいました。 ラッフルズホテル ラッフルズホテルではお土産物を物色してもらいました。 気づいてなかったのですが、名物のカヤジャムなどは機内持ち込みできませんでした。。。移動代を安く上げるために今回はLCC利用だったので、スーツケース持参でしたが機内持ち込み。。。結果的にカヤジャムをお土産で購入することは断念してもらうことに。 次回は気をつけます。 リバークルーズ クラークキーの所からリバークルーズを楽しみました。シンガポールリバーからマリナベイサンズとマーライオンへと回れるので、観光スポットを押さえることができます。 マリナベイサンズ散策 マリナベイサンズを散策しました。色々なブランドショップがあるのでウィンドショッピングでも楽しめます。TWGに入って、雰囲気を楽しみました。 レベル33 マリナベイサンズを一望できるレストランでディナーを楽しみます。土日だと1人あたり60SGDで屋外席の予約ができました。平日はもっと高かった気がするんだけどなぁ。 ユニバーサルスタジオシンガポール セントーサ島にあるユニバーサルスタジオに行きました。セントーサ島にはでかいマーラインもいて、驚きました。 ユニバーサルスタジオのチケットは、Masterカードを持っている人限定でプロモーションをやっていて、少しだけ安くチケットを購入できました。オンラインで申し込んで、当日は受信したメールの添付ファイルを見せて中に入ります。 キティちゃんって、どこにでもいるんだなぁというのが感想ですね: ウォーターショーも見ました。かなり迫力があります。席は3種類あって、 ずぶ濡れになる席 濡れる可能性がある席 濡れない席 という感じでした。カッパもどこかで売っているみたいなんですが発見できず。濡れるかもしれない席で見ました。